ザ・面接

毎日40度近くある灼熱地獄の台北。

外に出れば肌はベトベト 汗ダーダー。

そんな腹立たしい天候の中

今日は久しぶりにスーツを着て面接へ。

暑さと緊張で死にそうでした。

バイト先から徒歩3分ぐらいの場所にある

社員14人の貿易会社。

いきなりの社長面接。

会社の隣にある喫茶店での面接でした。

だいたい20分くらいずっと中国語で会話。

「あなたの中国語は仕事でも通用するよ」

と社長さん。

泣きそうなくらいうれしくて、いろんな質問に

はい、それも大丈夫です がんばります!!と

調子こいてやる気まんまんになっていたのですが…。

話はどんどん具体的な方向へ。

毎日、朝9時から夜の8時か9時までみっちり働き(残業代なし)

土曜日も隔週出勤。

給料は思ったより少なめ。

ボーナスは出るもののだいたいどれぐらいなのかは不明。

そして有休がとりにくいことが判明。

「もしあなたがOKなら来週の月曜日から働いてもらいんだけど。」

って急すぎる。

まだ心の準備が…。しかもまだ今学期あと一ヶ月あるし!!

「10月にどうしても大事な用事があって一週間ほど日本に帰ろうと思ってるんですが

そのとき休みはもらえますか?」とついでに聞いてみたら、

「10月は一番忙しいから無理ですよー」と社長。

ですよね。 あはは

理由はRADIOHEADのコンサートで~ なんて言えるはずもなく はは。

「もし来週から働く気があるなら明日電話ちょうだい」と言われ面接終了。

んー迷う。でも10月絶対帰りたい…。RADIOHEADのチケット取っちゃったし 

行かないわけには…!

そのままバイト先のCAFEへ行き、みんなに相談。

ある子には「今台湾人でもなかなかいい仕事ないんだから断ったらもったいないよ。」

と言われ

ある子は「私だったらやらない。仕事時間長すぎ!」

そして

一緒にライブに行く子には「はーー??RADIOHEADと仕事どっちが大事なの?」

と言われ…。

んーーー。

更に悩む。



労働ビザ取得のために手段は選ばない!なんて考えてたけど、

毎日9時まで働いてたら

自分の時間がないどころか 友達と一緒に食事にもいけない…。

そんな寂しい毎日は 私には耐えられそうにありません。

家に帰ってからもいろんな人に相談しました。

考えた結果、もっといろんな会社をみて、じっくり探して行くことに決めました。
[PR]

by xiaoxiao817 | 2008-07-22 23:43  

<< TRANS AMERICA YOGA >>